筋肉の仕組み

  • HOME > 筋肉の仕組み

筋肉の仕組み

筋肉の仕組みについて知っておくと、筋トレの時に役立ちます。

まず、筋肉には体温調節の働きがあり、体中に血液を送り出す役割も担っています。

また、筋肉には、骨格筋(こっかくきん)、平滑筋(へいかつきん)、心筋(しんきん)の3つがあります。
この3つは、さらに2タイプに分かれていて、瞬発力があり重い物を持ち上げる時に使う速筋、持久力に優れている遅筋があります。
速筋は白筋線維、遅筋は赤筋線維とも呼ばれます。

速筋は、筋トレをすることで筋繊維が肥大し、大きな力を付けるためにはトレーニングが欠かせません。
短距離走や重量挙げのように瞬発力が必要なスポーツの選手に多くあります。

遅筋は、長時間動き続けるために発達する筋肉。
マラソンなどの持久力が必要となる選手に多くあります。

トレーニング器具ならエクサボディ

▼トレーニング器具ならエクサボディ!
エクサボディ エクサボディは、レッグマジックやビリーズブートキャンプなど、エクササイズ関連商品の大ヒットを連発している公式ショップ。
腹筋を鍛えるなら、「スレンダートーン エヴォリューション」「パーフェクトシットアップ」がオススメ!

⇒エクサボディ!